燃費と運転技術

燃費と運転技術の相関とは

燃費を良くするための運転技術と言うものがあります。

 

あなたの運転を比較して、改めるところがあれば改善してみてください。

 

劇的に燃費がよくなります。

 

それがいつまでも低燃費性能を維持する秘訣です。

 

いろいろな場面で急にすることはすべて悪いことだと考えてください。

 

たとえば、急発進、急停車、急ハンドル、急加速などです。

 

車が急に動きを変えるためには、無駄な力を使う必要があります。

 

それがエンジンを無駄に使い、ガソリンが減ってしまうことになるのです。

 

急加速するためにはアクセルを踏み込みます。

 

それはガソリンをたくさん消費することになるのです。

 

急ブレーキも同様です。

 

ブレーキは人の足で利かせているのではなく、エンジンを使っているためガソリンを消費するのです。

 

理想的には一定の速度でまっすぐ走ることがいいですね。

 

もちろん、そのような運転はあり得ません。

 

できるだけそれに近づけることが大切です。

 

また、シフトレバーのことです。

 

一般的には走行中のシフトとしてD、2、1があります。

 

こまめに使い分けることによって燃費は向上するのです。

 

エンジンブレーキを使用する場面ではシフトを2や1にすべきです。

 

エンジンブレーキを使用している時はガソリンを使用せずにエンジンを回転させているのです。

 

これらの努力が確実に燃費向上につながります。

 

試しに比較してみてください。

 

最近はアイドリングストップの機能を備えた車も登場しました。

 

アイドリングストップとは、停止した時に自動的にエンジンを止める機能です。

 

アイドリングストップがない車の場合はシフトをNにし、無駄な負荷を掛けないようにしましょう。