車の燃費の向上について

車の燃費の向上について

 

車の燃費を向上させるための技術は、毎年進歩しています。

 

特に低燃費が注目されるようになりました。

 

車メーカーで技術開発に積極的に取り組んでいる現状です。

 

一般的になっている燃費向上技術について紹介していきます。

 

燃費向上について、それぞれを比較すると一長一短があります。

 

それらを複合的に応用した車が低燃費を実現しています。

 

まずはエンジンです。

 

ガソリンと空気と混合され、エンジンルーム内で爆発を起こすことで、車は走ります。

 

つまり、混合するガソリンの量を減らすことができれば、燃費は向上するという方法です。

 

その燃費向上の方法が、ガソリンリーンバーンエンジンやガソリン直噴エンジンをさしています。

 

ガソリンリーンバーンエンジンは通常よりも薄いガソリンを使用します。

 

ガソリン直噴エンジンはシリンダーに燃料を噴射させています。

 

両者を比較するとガソリン直噴エンジンの方が燃費は良いです。

 

また、エンジンにガソリンを送り込むバルブのタイミングを最適化することによって燃費向上を図る仕組みもあります。

 

低速性能や高速性能をできるだけ落とさずに燃費を抑える技術です。

 

最近の軽自動車に採用されているのがアイドリングストップといわれる手法です。

 

アイドリングストップは信号待ちの時に自動的にエンジンを止める仕組みです。

 

この方法は、運転者が自分でアイドリングストップをするのではなく、車がやるところに意味があります。

 

これまでもアイドリングストップが燃費向上になることはわかっていましたが、実際にそれをやる人はほとんどいなかったのです。

 

実際毎回やるのは非常に手間ですよね。

 

低燃費を実現するためには、運転方法を変えるなどの人の面も大きいのですが、機械でできるところも多いのです。

 

また、燃費を向上させるには、タイヤの交換も重要です。

 

溝が無いようなタイヤは燃費が悪化します。

 

海外タイヤのオートウェイは、非常に安く良質なタイヤをインターネットで買えるので、おすすめです。

 


オートウェイタイヤ評判